初めて参加する走行会はどんなところがおすすめ?


さて、このホームページをごらんの皆さんのなかでまだサーキットを走ったことが無い方もたくさんいらっしゃるでしょう。

未経験の方にはやはり敷居の高い走行会。どんな走行会から参加すれば迷われている方もいらっしゃるでしょう。
今回は初めての走行会に参加する際のおすすめをご紹介したいと思います。

■おすすめの初めてのサーキットって?
初めてサーキットを走るなら・・・・やっぱり鈴鹿サーキットや富士スピードウェイ、筑波サーキットなどの有名どころが頭に浮かびますし、国際コースを走ってみたいと思うでしょう。

しかーし。初心者で単独で走るような場合(インストラクターなどがいない場合)はあまりおすすめはしません。
スピードレンジが高いため、ブレーキングなどのポイントやクルマの限界がよく分からない状態でスピードに乗せて走ることは思わぬ事故につながります。

もちろんダメとは良いませんが、広いコースをゆっくり走ってもストレスがたまるだけ。
でも高速コーナーなどでタコってとっちらかったりして、おっかなびっくり走るのもストレスがたまります。
あと、広いコースはどこ走ってよいか分かりません・・・レコードラインが分からない。

なお、筆者の初めての富士スピードウェイ本コースの走行の模様。これはひどい。

かくいう筆者も初めてはTC2000でしたが、初めての走行では最終コーナーは踏めず、タラタラ走りスピンもして周囲に迷惑もかけました。

■ジムカーナってどうだろう?
ジムカーナは限られた場所でパイロンをたてて指定のコースを走るという物です。
一見狭いところをくるくるするだけですので簡単そうですが、実はかなりテクニックが必要です。初心者でサーキットに行かれたことが無い方ですと、楽しむよりもコースを覚えたりクルマを御すのに精一杯になりがちです。サーキット走行とはまた違った楽しみがあるジムカーナですが、ある程度なれた方でないとなかなか楽しめないかもしれません。
ただし、ドラテクは一番向上します。

コースを覚えるのが大変
200803235

■では初心者はどのサーキットを走ればいいの?
おすすめは1000m前後。 これはコース長の距離ですが、いわゆるミニサーキットがおすすめです。
筑波サーキットコース1000、富士のショートコース、本庄サーキット、日光サーキット、スポーツランド山梨、南千葉サーキット、白糸スピードランドなどなど・・・・

スピードレンジもあまり高くなく、万一事故を起こしてもクルマへのダメージも少ないです。
また、短いが故に低いスピードレンジながらもテクニカルなコーナーがあるサーキットが多いため、挙動を感じやすいことも特徴です。
2008050406

コース幅も狭いので無理な追い越しや車同士のスピードの違いもあまりありません(走行会によっては禁止している場合もあります)。追い抜く場合は、追いつかれた方がストレートなどで端によってあげて、抜いてもらうことで安全にパスしてもらえます。
P10507302

狭いと言っても1週40秒~50秒はかかるので走りごたえもあり、ストレートスピードも乗るため走った感を味わえます。

上記の面からも、初走行会はショートコースがおすすめですよ!

▼おすすめの今後開催されるショートコース走行会(2013年8月時点)
白糸スピードランド走行会
TKくらぶ 日光サーキット走行会
FLUKE走行会 日光サーキット
チャレンジ・ザ・サーキット in TSUKUBA TC1000
ラック・サーキット走行会


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2018 サーキット走行会ドットコム | Design Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress